FC2ブログ
以前書いていたブログ。新しいブログへはリンクからどーぞ。
             
    
              
    
                  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さぼっていて遅くなりましたが、明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いしますね?!

みなさん、どんな年末年始でした??我が家の周りは年末は異常に暖かく、年始は異常に寒かったです。。。でも、雨がたくさん降ったので、2月くらいには無くなるだろうと言われていた水が、かなり増えたので良かったです?。

今年の初おでかけは、旦那と一緒にこれ見に行ってきました。
Body World

正月早々って感じですが、Body Worldsです。日本では人体の不思議展として開催されているみたいですね(主催者は違うようですが、内容はあまり変わらないみたい)。

実は、去年の夏からずーーっと行きたかったんだけど機会を逸していて、1/6で終わってしまうというので、ギリギリで行ってきたんです。

日本と違って、実際に標本にふれられるコーナーは全くなかったんですけど、かなり興味深かったです。一番印象的だったのは、「太っている人と痩せている人の、内蔵の比較」。太ると、その分内蔵がおしやられてとっても窮屈そうでした。そんな状態じゃ、動く物も動かなくなりますよね?。怖いわ、怖いわ。。。コレステロールの溜まった血管も怖かったし。不摂生はいけないのね、と肝に銘じました。

そして「昔は、死は今ほどタブー視はされていなかった」とか「解剖学によって、人間は長生き出来るようになってきた」という記述が、心に残りました。確かに、死は生と隣り合わせにある物だし、死んだ人が身近にいることは恐ろしい事では無いはず。いろんな宗教やなんかで、「死とは怖い物」と植え付けられてきているのかもしれないなぁ、と思いました。

でも、展示されている人体が、いろんな格好をしているのに意味はあるのか???とちょっと思ってしまいました。バスケット選手だった人の体は、明らかに筋肉の作りが他の人とは違うので、バスケットをしている格好をさせる意味はあるような気もしたけれど、他は「???」。プロが見たら違うのかも知れないけど、私達が見たら吊り輪の選手も、スケートの選手も体のつくりはさほど変わらないんだけどね。。。まぁ、故人の遺志もあるのかもしれないですね。

あとは、献体の仕方が問題になったりもしているようですが。。。。

このような展示会が、「死について」「死者の尊厳について」「生きている自分達について」を考えるきっかけになるのは、とても良い事だと個人的には思いました。

この日は、最高気温も0℃というとっても寒い日でした。風もけっこうあって、すっごい寒かったの?!ダウンタウンまでこの展示を見に行ったんだけど、久々の寒さにウキウキしてしまいました。でも、本当に久々だったので、手袋という存在をすっかり忘れていていて、手が劇的に寒かったです。。。

ここから先は、半ば覚書。

年末は、これとはまーーーったく関係なく、おせち作ってました。クリスマスはやる気がなく、チゲ鍋を食べて終わってしまった私達だったけど、お節はやっぱり縁起物!作らねば?!!って事で、クリスマス過ぎからボチボチと作っておりました。今年は写真が無いので、覚書としてお正月メニューを。

・お雑煮
・がめ煮
・栗きんとん
・田作り
・酢ばす
・黒豆
・数の子(大豆と醤油漬け)
・数の子(そのまま)
・かまぼこ

。。。ってな感じでございました。たたきゴボウ作るの、忘れちゃった!

田作り

きゃ?、みんなこっちを見てるよぉ?!!

。。。なんて遊ぶのも楽しい感じでした。私の食欲は、年末年始も留まるところを知りません。。。

スポンサーサイト
              
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

      
トラックバック
トラックバックURL
→http://emmaemma.blog66.fc2.com/tb.php/540-6554eaaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
                    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。